双極性障害 天才

スポンサードリンク

双極性障害を持つ人に天才が多い

双極性障害は、気分が高騰する躁状態と気分が落ち込むうつ状態を交互に繰り返す精神障害ですが、この病気の人は、分野に関わらず創造的な才能を発揮し天才型の人が多いと言われています。

 

アートや音楽、執筆などの芸術分野をはじめ、ビジネスにおいても、双極性障害の人は、そのクリエイティブな才能を活用し活躍ていることが多いです。

 

双極性障害を患っている(いたであろう)と言われる有名人では、ゴッホ、ピカソ、ヘミングウェイ、ゲーテ、チャイコフスキー、宮沢賢治、田宮二郎など多数います。躁状態や軽躁状態の、気分や活動性の高まり、思考の奔逸によって創造性の高まりが作品に反映され、またうつ状態の、苦悩や苦痛が作品に内面的な深まりを与えています。

 

天才と狂人は表裏の関係と言われますが、創造性と精神障害は相関していると言えます。精神障害はマイナスのイメージが先行しますが、類まれな創造性と関連していることを考えますと、必ずしも精神障害がマイナスだけであるとはいえません。双極性障害において、躁状態とうつ状態を激しく繰り返す中で自殺に至ってしまった天才は少なくありませんし、精神障害は周りの理解を得られず辛い思いをすることもありますが、しかしその多感な感受性によってもたらされる才能については大いに希望を持てる部分であると言えます。

 

最後に、ユングの言葉を紹介します。
「芸術というものは本人の自己治癒の試みの一つである。」と語っています。
創作活動とは、自らを表現することであり、自分の病気を認識することになります。そしてそれは病気の回復の一助となりえるといった意味合いです。


スポンサードリンク