双極性障害 対応

スポンサードリンク

双極性障害への対応

双極性障害は、現在のところ完治が難しく、治療も難しい病気の1つであると言われています。理由としては、他の精神疾患、うつ病などと誤診されることも多く、適切な治療の開始の遅れ、症状が小康状態となり自己判断による服薬を中止しがちなど、治療が困難です。双極性障害の治療については、医師による薬物療法や精神療法が継続できるよう、家族をはじめ周囲の協力が大変重要となります。
周囲として、双極性障害の患者にどのように対応すればよいか確認してみましょう。

 

患者が躁状態のとき
躁状態のとき、患者本人は病気について認識をあまりもっておらず、問題意識がありません。いつもより調子が良いと思い込み、治療を中断してしまいがちになる時期です。繰り返し症状を経験している場合でもです。周囲も、うつ状態から躁状態になると、うつ状態がよくなってきた、と錯覚しがちになります。周囲としては、患者の活動が活発的になってきた際には、注意があらゆる方向に向き、多弁になる、散在するなど、躁状態の問題行動が現れてないか注意を払ってみましょう。躁状態の症状が現れている際は、受診を勧めましょう。できれば受診は、一緒に行ってあげましょう。何より患者本人は病気の認識が薄いので、頼むような形で一緒に付き添ってあげるのが良いでしょう。

 

患者の躁状態の言動や行動に対し、ときに家族や周囲は疲れてきってしまい、修復不可能なほど人間関係が悪くなっててしまうこともあります。病気による症状であることを理解し、感情的にならず対応しましょう。また患者本人に対し特別な対応をせず、受け入れられないことは毅然と注意するよう心掛けましょう。

 

 

患者がうつ状態のとき
うつ状態のときは、患者は気分の落ち込みがひどくなり、活動も少なくなります。過眠や過食になりがちで、幻聴や妄想に悩まされることもあります。あらゆる精神疾患の中で、双極性障害は特に自殺率が高いという報告もありますが、これは、病気が長引く中で、躁状態とうつ状態を繰り返し、本人の苦悩・苦痛が高まってしまう為です。

 

周囲としては、うつ状態の際にくれぐれも躁状態の時の問題行動について強く追求したり、責めるのは避けた方が良いでしょう。患者本人は躁状態の時の行動を忘れた訳ではなく、胸中に押し込んでいるだけですので、周囲から責めることで精神的に追い詰めさせることになります。

 

双極性障害と長く付き合う!
患者に対し、我慢して過ごすのも良くありません。双極性障害は長期にわたる治療の継続が必要です。患者と良好な関係を継続していくためにも、家族や周囲の方はストレス発散する機会を設けましょう。


スポンサードリンク