双極性障害 睡眠

スポンサードリンク

双極性障害と睡眠障害

双極性障害やうつ病を患うと、それに伴い睡眠障害を合併することがあります。そして、逆に不眠を継続している人の多くが双極性障害やうつ病の精神障害を引き起こす可能性もあります。

 

精神障害に伴う睡眠障害の特徴
・なかなか寝付くことができない(入眠障害)
・夜中に目覚めて、再び寝付くことができない(早期覚醒・中途覚醒)

 

また、不眠により、食欲低下、意欲後退、イライラするといったことがあります。

 

 

睡眠メカニズム
睡眠は、起きている時間つまり覚醒時に脳で睡眠を誘発する物質が作られることによって起こります。覚醒している間は、次の睡眠まで、その睡眠物質はたまり続けています。精神障害を患っている人は、この睡眠物質がを蓄えるメカニズムに障害があり、なかなか睡眠物質がたまらず、不眠を引き起こしているのではないかと考えられています。

 

精神障害による睡眠障害の治療
精神障害による睡眠障害の治療には、早期覚醒を改善するためベンゾジアゼピン系睡眠薬が使用されることが一般的です。ただしばしば依存症が問題になることがあり、主治医の指示のもと服薬する必要があります。服薬をやめる際も徐々に量を減らしていく必要があり、主治医と相談しましょう。

 

双極性障害などの精神障害の治療には、規則正しい睡眠を十分にとることが再発を防止する上で有効です。きっちり眠れていないなと感じた場合は、すぐに主治医に相談して下さい。


スポンサードリンク