双極性障害 接し方

スポンサードリンク

双極性障害の患者との接し方のポイント

双極性障害は、躁状態(軽躁状態含む)とうつ状態を繰り返す、気分の高低の激しい病気です。そのような気分の高低の激しい双極性障害の患者との接し方について考えてみます。

 

躁状態の双極性障害の接し方
双極性障害の中でも特に激しい1型の躁状態での激しい行動は、病気が原因によるもので、その人本来の意志によるものではないことをしっかり意識して接して下さい。感情に任せて対応せず、冷静に接することが大事です。

 

双極性障害の躁状態では、常識的には考えられない出費をすることがしばしば見られますたとえば、自動車や着物などの高額商品をローンを使い突然購入したり、など。これらは契約書を取り交わした後でも契約を無効にすることができる場合(クーリングオフの利用)がありますので、消費生活センターに相談してみましょう。

 

双極性障害の接し方として、困難な部分は、躁状態の患者本人に、病気であるという認識が全くないことです。患者本人に病気の認識がないため、治療するために病院に行って受診することが困難を極めます。
これは、「最近、(双極性障害の症状の1つである睡眠欲求の低下による)あまり寝ていないようなので、疲れが溜まって身体が心配である」ことを伝え、身体の問題として病院に行くきっかけを作るのが良いでしょう。

 

 

うつ状態の双極性障害の接し方
双極性障害のうつ状態では、気分が落ち込み、やる気が出ず、患者本人は非常に苦しい思いをしていることを理解し、基本の接し方として下さい。
また、うつ状態の際に、躁状態の時にやってしまった失敗について後悔し罪悪感を持ってしまうことも少なくありません。それについては責めないで、できるだけそっと接するようにして下さい。

 

 

脳の病気であると接する。
双極性障害は脳の病気の一種であり、治療の上では薬を継続して服用することが大事です。治療を継続できるように接してあげましょう。


スポンサードリンク