双極性障害 性格

スポンサードリンク

双極性障害の病前性格

双極性障害の原因は、未だにはっきりとしたことが分かっていませんが、遺伝要因と環境要因が複雑に組み合わさり起こるものではないかと、これまでの研究から言われています。

 

遺伝要因
双極性障害の原因として、遺伝子が関わっていることは考えられています。ただ、ある特定の遺伝子によって必ず発症するといった遺伝病ではなく、個人個人によって異なる遺伝子の組み合わせによって起こるものではないかと言われています。そして、遺伝要因のみで発症する病気ではないことも明らかになっています。
理由として、基本的に同じ遺伝子を持って生まれてくる一卵性双生児あっても、双極性障害を発症する可能性の一致は約70%しかなく、100%の一致をみないことから遺伝病とされないためです。

 

環境要因
もう一つの双極性障害の原因として、育った環境や、急激な生活環境の変化、周囲から受ける慢性的ストレスなど、環境要因によって起こるのではないかと言われています。ただこちらも、どういった経過をたどり発症するかまでははっきりと分かっていません。

 

 

双極性障害になりやすい性格
双極性障害を発症する前の患者の性格を調査によると、下記のような結果となっています。
・社交的で、親しみやすい
・朗らかで、ユーモアがある
・落ち着いており、柔和である
・現実的である
・真面目で、几帳面、整然としたものを好む

 

といった性格の人が多い傾向にあるようです。


スポンサードリンク