双極性障害 認知症

スポンサードリンク

双極性障害と認知症

双極性障害を患ったことにより、認知機能の低下、認知症を心配される方もおられるかもしれませんね。今回は認知症について確認していきましょう。

 

認知症とは
認知症とは、正常であった認知機能が後天的に起きる脳の病気や障害のために記憶や思考などを司る部位が持続的に低下していく障害のことです。認知症には、種類がいくつかありますが以下の2つが大部分を占めます。

 

アルツハイマー型認知症
アルツハイマー型認知症は、認知症の中でも一般に特に名前が知られていると思われる症状で、最も患者数が多いと言われています。脳神経が変性し脳の一部が萎縮することで発症します。男性より女性が発症しやすいようです。

 

血管性認知症
血管性認知症は、脳血管障害(脳梗塞や脳出血など)にともない発症する認知症です。部分的に記憶を損なう「まだら状」の認知症と言われています。男性の方が比較的多いようです。

 

認知症に伴って現れるその他の症状としては、幻覚、妄想、うつ、不眠、徘徊などがあります。

 

年齢と関係する認知症
高齢になるほど認知症になる有病率が高まります。65歳以上70歳未満では1.5%ですが、85歳では27%となり4人に1人は認知症といわれます。ただ、65歳以下でも認知症を患うことがあります(若年性認知症)。

 

認知症と物忘れ
年を重ねると心配になる認知症ですが、認知症と物忘れは、忘れ方の程度が明らかに異なります。とっさに親しい人の名前が思い出せなくなることは、一般的な物忘れとしてよくありますが、認知症の場合は名前だけでなく、その人物との関係性まで認識できなくなります。他に身近な例としては、昨夜の夕食について献立を忘れてしまうことは物忘れとなりますが、認知症の場合は食べたこと、その事実まで忘れてしまいます。

 

老化による物忘れと認知症では忘れ方の内容や程度が明らかに違います。身近な人や親しい人でも、とっさに人の名前が出ないのは、一般的な物忘れでよくあることですが、認知症では名前だけでなく、続柄や関係までわからなくなります。また、食事の献立を忘れるところまでなら単なる物忘れといえますが、認知症では食べたこと自体を忘れてしまいます。

 

双極性障害と認知症
結論から言いますと、双極性障害と認知症について明確な関連性はありません。双極性障害を発症し、その治療の違いによって、その後の認知症の発症に影響が出るといった報告はありません。認知症について言えば、他の生活習慣に起因することの方が大きいと言えます。双極性障害を発症したからといって、認知症について心配することありませんね。

 

 

認知症の周辺症状としては、夜間せん妄・不眠・幻覚・妄想・徘徊・抑うつ・暴力・異食などがあります。治療としては、薬物療法・精神療法・生活機能回復訓練等を行います。
認知症とは
認知症は、正常であった記憶や思考などの能力が脳の病気や障害の為に低下していく障害です。

 

認知症にはいくつかの種類があります。
いちばん多いのがアルツハイマー型認知症で、脳神経が変性して脳の一部が萎縮していく過程でおきる認知症です。

 

次いで多いのが脳梗塞や脳出血などの脳血管障害による血管性認知症です。かつて日本では、血管性認知症が多かったのですが、このタイプは減ってきています。また、アルツハイマー型に血管性認知症が合併している患者さんも多くみられます。

 

85歳以上は4人に1人が認知症に
年をとるほど、認知症になりやすくなります。
65歳以上70歳未満の有病率は1.5%、85歳では27%に達します。日本における65歳以上の認知症患者はすでに240万を超えているという推計もあります。

 

さらに団塊世代が65歳以上になる2015年には250万人、2020年には300万人を超すと推定されています。高齢社会の日本では認知症が今後ますます重要な問題になることは明らかです。

 

若年性認知症もある
若くても、脳血管障害や若年性アルツハイマー病の為に認知症を発症することがあります。
65歳未満で発症した認知症を若年性認知症といいます。

 

若年性認知症の患者数は、「若年性認知症の実態と対応の基盤整備に関する研究」(主任研究者 筑波大学大学院人間総合科学研究科 朝田隆教授)によると、3.78万人と推計されています。

 

正常でもない、認知症でもない、軽度認知障害で早期発見・早期治療を
認知症ほどではないけれど、正常な「もの忘れ」よりも記憶などの能力が低下している「軽度認知障害」が最近注目されています。軽度認知障害のすべてが認知症になるわけではありませんが、この段階から治療を開始することで、認知症の進行を遅らせるなどの効果が期待されています。

 

認知症ではなさそうだと思っても、もの忘れの程度がほかの同年齢の人に比べてやや強いと感じたら、念のために専門医を受診することが早期発見・早期治療につながることになります。


スポンサードリンク