双極性障害 治る

スポンサードリンク

双極性障害は完全に治る?

双極性障害は、適切な治療を続けていくことで、症状が軽くなります。
しかしそれで、双極性障害の患者本人も家族も、治る、治ったと思い、自己診断してしまいがちですが、双極性障害は再発率(90%以上)の高い病気です。

 

自己判断で、治療を止めた場合、再発の恐れが高くなります。双極性障害の再発を繰り返すと、躁状態あるいは軽躁状態とうつ状態の間隔が次第に短くなる傾向(急速交代)があります。その間に、周囲との信頼関係が悪化し、仕事や家族を失う可能性があります。

 

双極性障害が治るのは、まれで生涯つきあっていく必要のある病気です。そこで再発予防が重要となってきます。再発予防には、患者本人が病気と向き合い、病気について知り、症状の波をコントロールしようとする意志が欠かせません。また家族や周囲の理解、支援も大事です。

 

双極性障害は完全に治るのが難しい病気だと言われていますが、だからといって悲観的になる必要はありません。有効な薬(リーマス)が多数ありますし、自分の精神の浮き沈みをある程度自覚することができます。この「自覚」できるということは大きいです。つまり自覚できることによって、自身で対処可能であるということです。症状を安定させることによって、生活の安定も図れるということです。

 

双極性障害については、薬の副作用がつらくても、何の症状が出ていなくても、ともかく治療を続けることが重要です。そして再発の可能性を最小限に留めた上で、病気につて難しく考えず毎日の生活を楽しく送れるようになることを目指してください。


スポンサードリンク