双極性障害 薬

スポンサードリンク

双極性障害の薬

双極性障害は、現在のところ原因が分かっていないため完治させることが難しい病気であり、放置すると再発を繰り返してしまう病気です。しかし幸いなことに、再発防止に有効な薬は多くあり、治療を適切に行っていけば、多くの場合、状態を安定させ通常の生活を送ることに支障はありません。

 

双極性障害の再発を防止するための薬としては、主に気分安定薬が使われ、その他に、抗精神病薬、抗うつ薬、睡眠導入剤などが用いられます。

 

気分安定薬
リチウム(商品名−リーマスなど) 精神疾患の治療薬として広く知られており、双極性障害の予防に標準的に使われています。抗躁効果、抗うつ効果、そして自殺予防の効果があることが知られています。成分としては、食塩に近いミネラル成分で、細胞内の情報伝達系に働きかけ、効果を発揮します。治療域と中毒域が近く、定期的に血液検査を行い血中濃度を測定する必要性があります。リチウムのみで効果が不十分な場合は、他の気分安定薬と併用します。
他に、バルプロ酸ナトリウム(商品名−デパケンやバレリンなど)やカルバマゼピン(商品名−テグレトールなど)、ラモトリギン(商品名−ラミクタールなど)があります。

 

抗精神病薬
どうしてもリチウムなどの気分安定薬を用いることができない場合、双極性障害の躁状態を鎮める薬として用いられます。
主なものとして、オランザピン(商品名−ジプレキサ)、アリピプラゾール(商品名−エビリファイ)、クエチアピン(商品名−セロクエル)、リスペリドン(商品名−リスパダール)、ゾテピン(商品名−ロドピン)、ハロペリドール、スルトプリド、レボメプロマジン、クロルプロマジンなど多数あります。

 

抗うつ薬
双極性障害のうつ状態について、抗うつ薬を用いるべきかは、専門家によっては意見の分かれています。というのは、抗うつ薬を用いることにより、焦燥や衝動性などの躁転(うつ状態から躁状態になる)症状をきたす可能性があるためです。
うつ病の治療薬として用いられている主なものとして、パロキセチン(商品名−パキシル)、フルボキサミン(商品名−ルボックス)、ミルナシプラン(商品名−トレドミン)などがあります。

 

SSRI(セロトニン選択的取り込み阻害薬)といわれる、パロキセチン(商品名:パキシル)、フルボキサミン(商品名:ルボックス、デプロメール)、あるいはSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン取り込み阻害薬)といわれるミルナシプラン(商品名:トレドミン)
睡眠導入薬
双極性障害による不眠とみられる際に、用いられることがあります。
主なものとして、ベンゾジアゼピン系睡眠薬などがあります。


スポンサードリンク