双極性障害 混合状態

スポンサードリンク

双極性障害の混合状態とは

双極性障害は、躁状態からうつ状態へ、もしくはその逆のうつ状態から躁状態へと波を繰り返すのが特徴です。全く間逆の状態に移り変わっていくのですが、時に、躁状態とうつ状態の混ざり合った混合状態になることがあります。具体的にどういった状態になるのでしょうか。

 

躁状態
気分の高揚が持続し、誇大妄想を抱き、自分は万能であると思いこみ、本人は気分爽快に過ごしますが、少しのことでイライラした状態が続くこともあります。この状態の際は、次々と創造的な考えが思い浮かび、行動も活発になります。睡眠欲求の減少が見られ、眠らず行動することもしばしばあります。普段より多弁となり喋り続けたり、性的に逸脱した行動をとったりすることもあります。また、高額な買い物を即決したり、毎日買い物をしてしまう、明らかに損をすることが予見される投資に手を出してしまうなど散財してしまうこともあります。集中力が続かず注意が散漫となり、一貫性のない支離滅裂な言動もとるため周囲との諍いも絶えません。躁状態は、双極性障害の中でも特に際立った特徴のある状態です。

 

うつ状態
特に理由もなく不安にかられ、自分には価値がないと思いこみ、言いようのない無力感・喪失感を抱きやすく、気分の落ち込みが激しい状態です。1日中気分が晴れず、憂鬱になり、何に対しても興味を失い、それまで好きであったものに対しても楽しめなくなることもあります。また極端な食欲の増加もしくは減少により、体重や体型の変化もあります。寝つきが悪い、もしくは寝すぎてしまうこともあります。人によっては幻聴や妄想にとらわれることもあります。双極性障害のうつ状態は、抗うつ薬の効果も見込めず単極性のうつ病よりも、躁転への急速転換の恐れもあり、治療に注意を要します。

 

混合状態
混合状態は、上記のような双極性障害の躁状態とうつ状態の両方が混ざり合っている状態です。つまり例えば、行動は活発で、次々に考えが浮かんでくるのに、気分は落ち込んでいる。不安が強く何もする気がおきず憂鬱であるのに、興奮して喋り続けている。こういった症状が見られます。双極性障害の患者の約3分の1は、この混合状態を経験すると言われています。躁状態の焦燥感が強く出ているうつ状態を抑うつ混合状態と呼ぶこともあります。

 

混合状態は、行動が増えているのに、内心は落ち込んでいる状態ですので、双極性障害の状態の中でも、特に衝動的な希死観念を抱きやすく、最も自殺に至ってしまう可能性が高いので注意が必要です。


スポンサードリンク