双極性障害 家族

スポンサードリンク

家族が双極性障害を患ったとき

もしも家族が双極性障害を患ったとしたら、家族のサポートが大切になります。双極性障害は、躁状態とうつ状態を繰り返し、その間に患者本人の社会生活に支障が出てきます。症状に対する治療を続けるのはもちろん、家族である患者の社会的立場、社会生活を守ることが重要となってきます。

 

家族である患者との間でトラブルがあったとしても、双極性障害の症状であることを理解し、感情的に接することのないように心掛けましょう。

 

躁状態のときの接し方
患者が躁状態のときは、いろいろなことに関心がいき次々と手を出していきがちになりますので、家族としては患者と付き合うことに疲れしまい、患者と家族としての関係が悪くなりがちです。早めの治療を促しましょう。

 

気をつけること
・感情的にならない
・行き過ぎた行動は注意する
・患者の逸脱した言動に振り回されない
・「異常だ」と厄介者として対応しない

 

 

うつ状態のときの接し方
患者がうつ状態のときは、まずしっかりと休息を取れているか気にかけて下さい。うつ状態がひどいと、「生きている意味」を見出せなくなり自殺をほのめかすことがありますので、その際はしっかりと話を聞いてあげてください。そして主治医に相談して下さい。

 

気をつけること
・躁状態の時のことや、今の(うつ)状態のことを責めない
・「頑張れ」など無理に励まさない
・興味や関心を失っている状態時に、患者の意思に反する誘いをしない

 

 

患者の調子は、症状により態度や行動に現れます。生活の中で、家族が気づくことが多いかと思います。不調に気づいた場合は、受診をすぐに勧めましょう。受診の際は、できれば同行してあげると、患者にとって心強くなります。

 

最後に
双極性障害を患うと、往々にして躁状態の症状による言動により、周囲との関係が悪化しがちになり、そして次第に孤立することがあります。患者本人が孤立してしまうと、躁状態での暴走を抑制できず、またうつ状態での症状も悪化させてしまい、最悪の事態に陥ることもあります。
患者を孤立させないようにしましょう。患者が1人になりたがったとしても、放っておかず、家族の一員として常に気をかけていると伝え、患者を孤立させないようにしましょう。


スポンサードリンク