双極性障害 復職

スポンサードリンク

双極性障害者の復職を考える!

双極性障害者の復職を考えてみましょう。

 

1.復職に向けての、休職期間中の過ごし方
復職に向けて、まず規則正しい生活を送るということです。特に、睡眠が重要になります。睡眠を規則正しく一定の時間帯にとることを心掛けましょう。

 

 

2.双極性障害という病気について理解する。
復職に向けて、双極性障害という病気について勉強し理解を深めておくことは有効ではないかと思います。双極性障害についての知識をしっかりと持っておくことで、復職後に自分自身をコントロールすることがより容易になります。病気について、その性質を理解しないまま漠然と復職した場合、同じことを繰り返しかねません。

 

自身で自分を律するための「心理教育」を施す期間として、きっちりと病気の知識を蓄え、そして双極性障害という病気と向き合い受け入れ、自己管理できるようになりましょう。自己管理をするのは簡単ではありませんが、だからこそ復職前の休職期間中に準備しておきたいものです。

 

双極性障害は、ご存知の通り、躁状態・軽躁状態とうつ状態を繰り返します。これをどうやって防ぎ、気分の安定を目指すかが復職する上で重要になってきます。そのために必要なこととして、病気の特徴や症例を知り、服用する薬の特徴を基本として身に付けることです。その上で、自分の体調に合った、気分安定剤や睡眠導入剤の適量を調整できるようになることを目指します。これは、普段の生活の中で自身の気分の波にあわせ加減を調整していきます。

 

 

3.復職後の過ごし方
仕事への復職直後は、やる気や責任感に満ちているとは思いますが、ここで焦ってはいけません。この時期は焦りがちですが、最初は普通に通勤するだけでも、知らず知らずの内に十分疲れます。これは自分自身では体力的にも精神的にも大丈夫だと思っていてもです。どんなに調子が良くとも、無理をせず、着実に慣らしていきましょう。


スポンサードリンク