双極性障害 原因

スポンサードリンク

双極性障害の原因になりうるもの

双極性障害の原因になりうるものには何があるのでしょうか。確認していきましょう。

 

遺伝的要素
双極性障害(躁うつ病)が発症する原因として、遺伝子の関与が考えられていますが、一つの遺伝子で起こる、いわゆる遺伝病ではなく、いくつかの遺伝子が組み合わさって発症すると考えられています。
その理由は、遺伝子が基本的に同じである一卵性双生児と、遺伝子を半分だけ共有している二卵性双生児で、双極性障害発症の一致率を比較した結果、一卵性双生児の方が高いのは確かなのですが、決して100%ではないことが判明しています。
従って、双極性障害の発症に遺伝的要素は関係していますが、それだけで発症する病気ではないことがわかっています。

 

環境的要素
育った環境や、周囲から受ける慢性的なストレスなども、発症の原因の一つと考えられていますが、どの様な過程を経て発症につながるかは、はっきりわかっていません。

 

病前性格
双極性障害の患者さんの発症前の性格を調査した報告では、社交的で、周囲に対して心配りができ、ユーモアがあり、現実的な志向性が強い性格の人が多い、とも言われています。

 

双極性障害の原因としては、これらが相互にかつ複雑に関係しているようです。つまり、はっきりと断定できる原因となりうるような遺伝的要素はないですが、微細な遺伝子レベルで原因因子を持った人が、過度のストレスや生活リズムの乱れなど環境的要素をきっかけとして双極性障害を発症すると言われています。


スポンサードリンク