双極性障害 治療

スポンサードリンク

双極性障害は治療可能!

双極性障害は、正しく治療を行えば、十分に改善できます。たしかに、双極性障害は、単極のうつ病などと比べると、治療は長期に及びます。治療にあたっては、家族や周囲の支援がとても大切です。双極性障害の治療について見ていきましょう。

 

双極性障害に治療は、薬物療法と精神療法が中心となります。
誤解されがちですが、双極性障害はストレスが原因である「こころ」の病気ではありません。よってカウンセリングのみの精神療法アプローチだけでは症状を軽減することは難しいです。薬による治療を基本に精神療法をあわせて行っていきます。

 

薬物療法
多様な症状が出る双極性障害は、症状にあわせ多様な薬を使いますので、薬の種類及び量の見定めが難しいです。血中濃度を測り投薬量を調整する必要のある、慎重にきす薬も中にはあるため、処方された薬は量及び回数を適切に服用しましょう。

 

なお双極性障害のうつ状態と、うつ病の状態は、症状が似ていますが、まったく別物で、薬も違います。双極性障害のうつ状態に対し、うつ病の薬は効果がありません。うつ病の治療で薬を服用していたが、一向に改善が見られず、双極性障害であったと再診断されることも度々あるほどです。

 

 

精神療法
双極性障害は、薬物療法と並行して精神療法も行うことで順調に治療を進めることができます。なお精神療法だけではあまり効果がありません、並行して行うことで効果があります。

 

双極性障害で取り入れられている精神療法は、主に患者本人が自らの病気について知り受け入れること、そして病気をコントロールできるようになることに主眼が置かれています。精神療法により患者本人が再発に気づくことで、症状を悪化させることなく、治療を開始することができます。


スポンサードリンク