愛着障害 大人

スポンサードリンク

愛着障害のまま大人になると...

◆大人になってからの愛着障害の特徴
愛着障害は、人のことが信じられず、素直に愛情表現ができなくなります。乳幼児期の環境が原因で抱えてしまう障害ですが、愛着障害の自覚なく、そのまま放置し、完治することなく大人になってしまうことも多々あります。

 

 

大人になってからの愛着障害の主な特徴としては、周囲とうまくコミュニケーションがとれず孤立してしまう傾向にあります。そして特に、恋愛においては、ベタベタと過剰に甘えてしまい、相手に負担を感じさせる、もしくは相手の愛情を束縛のように感じ反発してしまいます。要は、適度な距離を保てないのです。

 

 

愛着障害にはいくつかの型があるのですが、大人の愛着障害で問題になるのが、不安定型愛着障害と回避型愛着障害の2つです。

 

 

◆不安定型愛着障害
不安定型愛着障害は、自分に自信を持つことができず、自己評価が低いため、傷付きやすく、他人に心を開いて接することができない、といった特徴があります。

 

 

不安定型愛着障害の場合、恋愛において相手と仲良くしたいけれども、嫌われることを過剰に恐れ、一歩を踏み出すことができず、恋人に上手に甘えることができません。恋愛や結婚に支障が出てしまいます。

 

 

◆回避型愛着障害
回避型愛着障害は、人と親しくたいと願っているのですが、実際に親しくなると煩わしくなり関係を壊したくなる衝動に駆られてしまい、人から頼られると、怒り出したりする、といった特徴があります。
また、孤独感に苛まれながらも耐え人とのコミュニケーションを避けて、仕事や学問に没頭する人もいます。

 

 

回避型愛着障害の場合、恋愛を始めた当初は問題なく過ごせるのですが、親しくなるにつれ、相手をだんだんと煩わしく感じ、相手を突き放すような言動が目立つようになり関係を悪化させてしまいます。交際を始めてもすぐに別れたり、結婚しても即離婚したりしてしまいます。

 

 

◆愛着障害は大人になってからでも克服できる
愛着障害は、克服せずに放置してしまうと、人との距離感をうまく保つことができず、仕事や恋愛、結婚など人生における様々な場面でトラブルに見舞われてしまいいます。

 

 

愛着障害は、大人になってからでも克服できます。具体的には、愛着障害の原因である、乳幼児期に受けられなかった愛着を安心感という形で改めて得るということです。大人になり家庭環境や人間関係も変化しているでしょうが、今ある環境を、安心できる環境へ整えます。周囲とうまくコミュニケーションをとれないことを、素直に打ち明けられ相談できる人ができると心強いですね。


スポンサードリンク