愛着障害 事例

スポンサードリンク

愛着障害の事例を知ること

◆愛着表現は「第2の遺伝子」
愛着表現は、時に「第2の遺伝子」と呼ばれることがあります。どういうことかというと、愛着とは、人と関わる上で絆を深める能力のことであり、それぞれの人格を形成する基礎の部分となります。個人個人で違った愛着表現を持ち、それが個性となります。どのような愛着表現をとるかによって、人との接し方が異なり、人間関係など人生のありとあらゆる場面に影響があります。そのため、どのような愛着が育まれるかは、持って生まれた先天的な遺伝子と同様に、その人自身を形作ります。

 

 

乳幼児期に形成される愛着表現は非常に重要なものとなります。安全基地としての親の元で、子供は探索と愛着を繰り返し、それぞれの親子で固有の愛着表現が形成されます。

 

 

愛着障害は、以前は子供だけの問題であると考えられており、虐待や孤児院など特定の状況で育った子供が抱えるものと捉えられていました。しかし、最近では、子供だけでなく大人にも愛着障害は多大な影響を及ぼし重大な問題を抱えるものであると認識を改められています。愛着表現をきちんと身に付けず、愛着障害を抱えたまま成長していった場合、どのような経過を辿るのか事例を確認しながら知ることができます。

 

 

◆愛着障害と有名人
愛着障害は、有名人を事例に説明されることがあります。夏目漱石、太宰治、谷崎潤一郎、ミヒャエル・エンデ、アーネスト・ヘミングウェイ、チャールズ・チャップリン、スティーブ・ジョブズ、誰もが知る文学者やクリエイターが、乳幼児期に愛着を形成できず、愛着障害を患いながら、それとどのように向き合い、克服していったのか。愛着障害を原動力に、創造という産物へ昇華し、偉大な仕事を成し遂げたのであると考えられています。

 

 

◆愛着障害の事例を知ること
多くの愛着障害の事例を学ぶことで、愛着障害を克服するためのヒントを得ることができます。愛着の問題は奥が深く、なぜ自分がそのような行動、判断をするのか、他の生き方もあったはずなのに、なぜ自分はここにいるのか、このような生き方を選択しているのか。「人に気を使い過ぎて疲れる」「人に依存してしまう」「必要以上に親しくされることを苦手としている」などなど、自分の生き方を見直し、これから違った生き方を選ぶきっかけとなり得ます。

 

 

愛着表現は、個人の人格を形成する基礎の部分となるため、愛着障害の事例を知り、自らの生き方を見つめなおすことは、とても重要な意義があるのではないでしょうか。


スポンサードリンク