愛着障害とは

スポンサードリンク

対人関係に問題を抱えてしまう愛着障害とは!

◆愛着障害とは何か
自分の感情や行動をうまくコントロールできなくなってしまう「愛着障害」とは何か、詳しく確認していきましょう。

 

 

愛着障害とは、端的に言うと、愛情を絶たれたがために引き起こされる障害の1つです。乳幼児期に両親もしくは養育者から、適切な愛情を受けることなく成長することで、引き起こされると考えられています。

 

 

虐待や放置(ネグレクト)を受けたこと、たとえそこまでいかなかったとしても、乳幼児期に甘えたいのに甘えることが原因となります。両親や養育者との安定した愛着形成がなされないと、自分のことを大切にできず、また他者へのコミュニケーションが歪なものとなり、基本的な社会性を持つことなく成長してしまいます。

 

 

子供にとって、愛着形成がなされている状況を喩えていうならば「安全な港」があるということであり、そこでは自分は必ず守ってもらえるという感覚を持てます。必ず守ってもらえる「安全な港」があるからこそ、安心して未知の外の世界に踏み出すことができるのです。必ず自分を守ってもらえるという感覚は、社会に関わっていくために、重要なものといえます。

 

 

愛着障害がみられる子供は、衝動的で、過敏的であり、しばしば反抗的で破壊行動も見られます。情愛、表現能力、自尊心、人への尊敬の念、責任感などが欠落していることが多く、他者とうまく関わることができません。親密な人間関係を築けない、もしくは見知らぬ人に馴れ馴れしく近づいたりします。

 

 

多くの少年犯罪、万引きなどの問題行動の多くが、この愛着障害が原因としているのではないかと指摘されることもあります。

 

 

◆愛着障害の有名人
愛着障害は、負の側面ばかりが注目されますが、「安全な港」がないために、その不安定な精神を創造に活かし成功した有名人も数多くいます。

 

 

・夏目漱石
 裏表のある養親に育てられ、斜に構えた性格に育ち、心から人を信じることができなかった。

 

 

・太宰治
 母そして乳母に育児放棄され、愛着障害をはじめ境界性人格障害を患った。

 

 

・アーネスト・ヘミングウェイ
 気が強いわがままな母親に育てられ、人形のように育てられ、愛着障害から依存症、うつを抱えた。

 

 

その他にも、ミヒャエル・エンデ、チャールズ・チャップリン、スティーブ・ジョブズなどがいます。さらに釈迦やムハンマドも愛着障害があったのではないかと指摘されています。

 

 

これらの人は、いくら書いても、いくら描いても、いくら挑んでも、癒されることのない程の愛着の傷があったがため、果てることなく邁進し、一般的にいう成功を手にしたのだと言えます。

 

 

創造者にとって、愛着障害とは必要不可欠な原動力で、むしろ愛着障害を患っていない者が偉大な創造を行った例は稀である、とさえ分析されることもあります。


スポンサードリンク