双極性障害 症状

スポンサードリンク

双極性障害の症状とは

双極性障害とは、以前、「躁うつ病」という名称で呼ばれていた精神疾患症状の1つのことで、こちらの名称の方が馴染みのある方が多いかもしれませんね。または「双極性気分障害」と呼ばれる場合もあります。

 

双極性障害の症状としては、名称の通り「双極」つまり「2つの極」である、躁状態が現れる「躁病」と、うつ状態が現れる「うつ病」の対極にある気分障害を慢性的に繰り返します。
躁病の症状・・・単なる機嫌が良く元気が良い状態ではなく、異常に気分の高騰が続く症状がでます。患者の自覚としては、エネルギーに満ち明るく開放的で心地よい状態が続きますが、時にイライラして怒りっぽく不機嫌になってしまう場合もあります。社会的には、様々なトラブルを引き起こす可能性があります。具体的な症状例としては以下のようなものがあります。
1 気持ちが大きくなり自分は何でもできると思い込む。
2 眠らなくてもいつまでも元気な状態で過ごせる。
3 いつもより多弁となり、手当たり次第に色んな人に話しかけるようになる。
4 次々にたくさんのアイデアが浮かんでくる。
5 色々なものに注意がいき、1つのものに集中できなくなる。
6 仕事などの活動が増加する。
7 買い物での散在や性的逸脱行動など快楽的行動に歯止めが掛からなくなる。

 

うつ状態の症状・・・
1 抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下
2 焦燥、幻聴や妄想も多い
3 食欲低下及び過食、不眠や過眠

 

双極性障害は、躁状態の症状の程度により、以下2つに分類されています。
家庭や仕事に支障をもたらし、社会的信用に大きく影響を及ぼしかねない激しい「躁状態」症状。そして「躁状態」症状より軽く、患者本人も「調子が良い」程度の自覚で、大きなトラブルを起こさず、周囲も見過ごしがちになり、症状に気付くのが遅くなりがちになる「軽躁状態」症状。
激しい「躁状態」とうつ症状を繰り返す双極性障害は「双極T型障害」と呼ばれます。そして「軽躁状態」とうつ症状を繰り返す双極性障害のことを「双極U型障害」と呼ばれます。

 

双極性障害は、うつ状態で症状によっては死にたくなるなど生命の危機に陥る一方、躁状態での行動の結果によっては人間関係を損ない社会的生命の危機にも陥る可能性のある、深刻な特徴のある精神疾患であるとされています。

 

ただ、双極性障害は、精神疾患の中では比較的治療法が整っており、症状に併せ薬でコントロールすれば、それまでの生活を変えることなく維持することが可能な病気です。


スポンサードリンク